フォーマルカジュアル

フォーマルカジュアルを着こなすポイントをチェック!

「フォーマルだけどカジュアルな洋服ってどんなもの?」
カッチリしなくちゃだけど、カジュアルさも含んだ感じでコーデをまとめたい〜!
そんな絶妙な洋服選びが必要となる場面って意外と多くないですか?

 

実は『フォーマルカジュアル』というファッションスタイルは、ハズレがない失敗しない王道のメンズファッションです。

 

”その場に適した格好”というものは、やや着崩したスーツのスタイリングから、カジュアルテイストのアイテムチョイスといった幅広いスタリングが必要になり、難しく感じてしまいます。

 

けれどフォーマルカジュアルの着こなしについては、きれいめ系のショップでスタイリングを参考にすると、雰囲気がとても分かりやすいですよ。

 

カジュアルな『セミフォーマルスーツ』の服装

スーツ通販

 

フォーマルなシーンに欠かせないスーツはビジネスの場以外でも一着は持っていたいもの。
大人の着こなしとしてフォーマルなスーツの合わせ方をおさえて、しっかりとキメていきましょう。

≫詳細ページ

『カジュアル過ぎないセミフォーマル』の参考

セミフォーマル

 

フォーマルでも堅くなりすぎずにカジュアルな服装が良いという場合もあります。
大切なのは清潔感のある服装で、体型を生かしてだらしなく見えない服というのがポイントです。

≫詳細ページ

 

ご注意!女性にウケる3つのフォーマルなコーディネートとは?

こう聞くとちょっとレベルが高く感じてしまいますが、要は簡単なポイントだけをおさえつつ、人気のアイテムを自分のスタイルに取り入れていくだけの事なんです。

 

その場の雰囲気とコーディネートのギャップに注意する

イベント内容に合わせたファッションコーディネートは大切ですが、よくわからないという人は参考サイトをチェックしてみましょう。
また季節感や体型にあった着こなしというのも女性に好印象を与えるものです。さり気なさをアピールする大切な要素としてのファッショントレンドを感じてみて下さい。

 

きれいめ(清潔感)での印象アップを忘れない

洋服が違うだけでも結果としてあなたの評判や自信もアップする。是非人気のフォーマルカジュアルを取り入れてください。
周りの女性を始め、相手に不快な印象を与えない爽やかな印象作りを心がけることは何より大切で基本ですよ。

 

バランスのとれた余裕のコーディネートを

何処まで上手く着崩すかの自己主張もポイントになってきます。
硬すぎず、そして無難にならないようにまとめる必要があります。
フォーマルからカジュアルまでの尺度は広いです。ただし、かしこまってはいけません。
あなたに自身が持てる像をリラックスしてイメージしましょう。

 

フォーマルカジュアルでのアピールとそのマナーとは?

例えば結婚式や二次会に招待されたときにはフォーマルカジュアルで行かなければいけませんが、男性のフォーマルカジュアルは女性に比べると楽だと言われていますので、難しく考えすぎなくても良いでしょう。

 

しかし難しく考えなくても良いのですが、最低限のマナーを守ったフォーマルカジュアルで行く事が条件なので、服装マナーを知っておくことが必要になります。

 

例えば結婚式に招待されて行くときの服装マナーは、男性の場合には新郎より目立つ服装はいけないので、羽織袴などは避けるようにして、控えめのフォーマルカジュアルを着るようにしましょう。

 

ネクタイは必要?合わせ方とは?

 

フォーマルカジュアルでは、スーツとネクタイは基本と言われていますし、ネクタイに合わせたポケットチーフも良いと言われているので、その場の雰囲気に合わせて用意しておいても良いでしょう。

 

このポケットチーフはワンポイントのおしゃれになっていますし、女性にウケるとも言われているので、ポケットチーフのような細かい所でおしゃれをしてみるのも良いと思われます。

 

それにネクタイをおしゃれにきめたいのですが、白以外のネクタイを着けたい時は、スーツと上手く合わせたものが好ましいと言われているので、ワイシャツとも上手く合わせてみましょう。

 

しかし黒いネクタイは、結婚式のフォーマルカジュアルでは好ましくないし、黒いネクタイで柄が入っているものもフォーマルカジュアルでは好ましくないので、避けるようにしてください。

 

>>ノータイでのシャツ選びはどうする?

 

女性にウケるフォーマルとカジュアルの組み合わせなら

女性にウケると言われているフォーマルカジュアルは、ブランド物のスーツが良いと言われているのですが、それらを自分から口に出して女性にアピールするのは控えましょう。

 

例え女性にウケるフォーマルカジュアルを着ていても、服装だけがウケたところで意味がありませんよね。
さり気なさを演出しながら気づいてもらうのを待った方が良いのです。

 

このように結婚式やパーティなどのフォーマルな場面に招待された時は、服装マナーに違反しないようなフォーマルカジュアルを心がけた上で、その次に女性にウケるような服装を組み合わせていきましょう。

 

このサイトではフォーマルからカジュアルまでの、キレイめコーデを再現する着こなしについて検討しています。

 

誰にでも必要に駆られる時がある、

 

『ドレスコードといったパーティーまではいかないけれど、
  ちょっとしたイベントにも使える洋服がないよな…  』

 

といったことなどでお困りでしたら、女性目線でも評価の高い洋服ブランドや、きれいめ系のなどのセレクトショップでアイテムを選んでいくとよいでしょうね。

 

>>>きれいめ系のメンズファッション